(LEDの影響) 乗り物の窓から見る景色 


大分空港からリムジンバスで宇佐市へ向かう途中で見た、国東半島の山の景色です。(4月12日撮影)


山の木々が、尽く倒れています。実際に目にした光景は、もっと凄まじいものです。




網がなかったら、危険な状態です。








道路脇のコンクリートはずっと、分厚い苔で覆われています。LED光は、苔を増殖させます。
奥に見える茶色い木々は、枯葉が残ったままの状態で、弱っているようです。








幹が白くなった桜の木々。手前のガードレールは、上の部分だけ不自然に錆びています。
LED光は、コンクリートや鉄も早く劣化させるようです。


正面の山肌(頂上付近)が、大きく崩れています。


飛行機の窓から見えた、山中湖付近の山の様子です。写真中ほどと下部分の山肌が崩れているように見えます。


土砂崩れのように、木がない部分が見えます。全国の山が、LEDの影響により、崩れはじめています。
取り返しがつかない方向へと向かいつつあります。(2017年4月14日)

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク