(LEDの影響) 渋谷の街の沈下 3 (宮益坂・文化村通り) 


宮益坂の様子です。手前の街路樹が、いつの間にか何本もなくなっています。(12017年8月10・16・19日撮影)

  
朽ちてしまったのでしょうか。木があったと思われる左右歩道の植え込みには、代わりに花やツツジが植えられています。LEDが街中に溢れるようになってから、街路樹が次々に朽ちていきます。

    
向かって左側の歩道を歩いてみます。次々に、傾きはじめている街路灯が目に入り、

    


  
歩道では、驚く程の沈下の様子が見られます。


丸印の建物の基礎部分も、歩道の石も、沈下して崩れはじめています。




建物の基礎と、地面に隙間が生じている建物が多く、




ここでも、


ここでも、


階段の石が沈み込んだり、浮き上がったりしていて、


沈下の様子がずっと続きます。


歩道が、大きく沈み込み、あちこちに陥没を埋めたアスファルトが見られ、


ここでは、木の根まで、アスファルトで固められた心無い風景もあります。


石の激しいひび割れ






ここでも、御影石がボロボロに砕け、中の鉄骨が錆びてむき出しになっています。




さらに、歩いていると次々と、


激しい沈下の様子が目に入ります。




補修を繰り返しても間に合わない程、地面の沈下が進行し、隙間ができればそこにさらにLED化した雨水が染み込み、建物の土台が侵食され危うくなっていきます。


何度も補修を繰り返している様子が見られます。


さらに沈下は続き、










石の目地のコンクリートはボロボロに砕け、


この建物の前でも、ガクンと地面が下がっています。






できた隙間をコンクリートで埋めても、さらに沈下が進んでいます。

  






前方の建物も、


建物と地面に隙間ができていて、土台が崩れ始めています。




建物前の歩道の沈下も激しく、




補修されていますが、


沈下はさらに進行しています。



  
ここでも、、、大変な状況が起き始めています。




さらに、道路を見ると、アスファルトの表面が溶けてボロボロになっています。LED化した雨水は、あらゆるものを劣化、腐敗させていくものです。



    
路地を見ると、いくつものポールが傾いていました。これだけの沈下や傾きが起きているということは、土壌に確実に異変が起きているということです。


交差点の向こうには、再開発で建設中の ビル が見えます。街全体が沈下し始めている状況で、これから建つ建造物は大丈夫でしょうか。

・・・

  
宮益坂下から、ハチ公広場方面を見たところです。横断歩道を渡ると、前方に傾いている街路灯が見えます。


左へ傾いています。さらに進み、線路高架下では、




歩道が激しくうねっていて、


ここでも沈下が見られます。




・・・文化村通り・・・

109前から東急本店へ向かう、文化村通りの様子です。

  
歩道は、たくさんの補修箇所だらけで、



  
歩道の石のタイルが、日々すごいスピードで崩壊していることがわかります。







     
どこもここも、ボロボロです。交差点では、


大きな亀裂が見られます。


この道路に面したデパート前も、激しく沈下しています。

  
反対側の歩道を歩いていると、ここでも歩道の痛み方が激しく、

  
この店舗前の歩道では、


陥没も見られます。




さらに、

  
亀裂、陥没が続きます。ありえないスピードで、歩道の石がボロボロになっています。

  
LED化した雨水が溜まりやすい街路灯の足元では、石の劣化がさらに激しく、


たくさんの亀裂と陥没が




見られます。





     
レンガは、ボロボロに砕けたり、溶けて、急激に劣化しています。



  

  






  






  


ほんの2〜300m程の距離の歩道で見る、ありえない凄まじい破壊の状況です。歩いてみた場所は、渋谷の街のほんの一部ですが、どの場所でも道路(歩道)の亀裂、陥没、が見られ、傾きはじめているたくさんの街路灯を目にし、コンクリートも歩道の石も、信じられないスピードで崩壊しています。LEDの光とLED化した雨水が、街の地盤を壊しはじめている現実があります。(2017年8月22日)
渋谷の街の沈下 1 ・  へ

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク