(LEDの影響) 中央官庁周辺 2 


上の地図の辺りを歩いてみた様子です。


桜田通りを皇居の方へ歩いていると、裁判所の門の前の歩道に、大きな水たまりができていて、


歩道が大きく陥没している様子が見られます。




さらに、その並びの赤レンガ棟の門の前でも、


大きな水たまりができていて、激しい陥没が進行している様子がわかります。


内堀通りにぶつかり、右折した歩道では、街路樹の根が歩道の石を押し上げ、歩道が大きく波打っていて、


あまりにも木々の苦しそうな姿が続きます。

  

  



法務省前の内堀通りを見ると、凄まじい亀裂、


補修しても、間に合わないほど、道路の崩壊が進行しています。



  


そして、激しく波打っています。



  
歩道でも、タイルにはたくさんの亀裂が見られ、粉々になっています。



法務省の角をまた右折して、日比谷公園前の祝田通りを歩いてみます。また水たまりがあり、陥没しています。


法務省前では、


植え込みの周りの御影石の下部に、大きな亀裂が生じています。





  
この歩道でも、アスファルトが街路樹の根に押し上げられて、波打っている様子が見られます。街路樹の根上りは、木々がかなり弱っているということだと思われ、土壌も、異変をおこしはじめています。




検察庁前の出入り口では、


敷石が陥没して、ボロボロになっています。LED化した雨水は、あらゆるものを急速に崩壊していきます。


地下鉄の出入り口では、

  
脇の歩道が陥没していて、


さらに、壁と地面の間に隙間ができ、タイルが崩壊しています。




地面が沈下しています。

  
角のタイルには、縦にズレが生じていて、テープで保護されています。

  
厚生労働省・環境省前の歩道では、街路樹が朽ちて取り除かれたと思われる跡が、続きます。



  

    
さらに、前方の信号が、少し右へ傾きはじめていて、振り返ったところでは、街路灯も道路側へ傾きはじめています。


そして、人事院の門の前でも、


道路が陥没して、水たまりができています。


ここから右折して、経済産業省前の国会通りを歩いてみます。前方に国会議事堂が見えます。


雨の日の国会通りでは、たくさんの水たまりができていて、




ここでも凄まじい道路の崩壊を目の当たりにします。




道路の端には、大きな水たまりができていて、


激しく陥没している様子も見られます。歩道も、補修に補修を重ねているようです。





上の写真は、その3日後に同じ場所を撮ったものです。前日は、一日晴天でしたが、まだ雨水は残っています。


晴れた日、同じ国会通りを撮ったものです。


陥没した場所を補修したアスファルトが、ボロボロになっています。






道路が、崩壊していきます。


この地下鉄出入り口でも、

  
沈下の様子が見られます。基礎の石には亀裂が入り、ズレ、地面と壁の間にも隙間が生じています。





国会通りと桜田通りとの交差点です。横断歩道の向こうの街路灯と信号の3つが、

    
それぞれ、傾いています。




この横断歩道のそばの道路も、


激しく波打っています。凄まじい状態です。

  
左折して、桜田通りを歩いてみます。外務省前の地下鉄の出入り口では、


ここでも、激しい沈下の様子が見られます。


大きく隙間ができていて、かなり沈下しているようです。コンクリートが侵食され、ボロボロになっています。




その前の道路の様子も、


すごい亀裂です。










さらに、次の地下鉄の出入り口では、


今度は、左側が、ガクンと斜めに沈み込んでいて、


段差ができています。


壁の御影石の下部にも、亀裂が生じ、


沈み込んだ側の地面も、一緒に陥没しています。

  


陥没した際のコンクリートを補修しているようでが、


この霞ヶ関の地下鉄出入口が、尽く崩壊しはじめている様子は、異常です。


その脇の道路も、陥没しています。


さらに、文部科学省と財務省前の道路の様子です。


雨の日には、大きな水たまりが、道路のあちこちにできていて、






ここでも、激しい陥没が見られます。




晴れた日に見ると、


補修した場所が、もう沈み込んでいる様子がわかります。







文部科学省の建物の側へ渡る横断歩道でも、


道路をずっと横切る亀裂が続いています。

この霞ヶ関の半分ほどを歩いてみて、その凄まじい道路の亀裂、陥没、沈下の様子がわかります。。街路灯も、信号も、あちこちで傾きはじめています。LED化した雨水が、この街を崩壊させはじめています。
  中央官庁周辺 3  ・  1  へ
全国のLEDの影響    LEDについてのリンク