(LEDの影響) 中央官庁周辺 3 


桜田通りより、文部科学省と財務省の建物の間を通る、三年坂を歩いてみます。

  
通りの木々が、痛々しい姿を見せています。


財務省の脇を通ると、


スロープ脇の壁に、亀裂が生じていて、ズレています。




そのズレは、スロープ全体に及んでいて、


壁と地面との間には、ここでも隙間が生じ、








建物の道路側の壁全体に、この亀裂やズレが生じているようです。


坂を上り、角を左折してみます。


レストランの前の歩道が、


大きく陥没しています。


歩道全体が、大きく凹んでいます。






歩道のコンクリートブロックにも、段差ができはじめています。




この歩道の先に、ビルの地下駐車場の出入り口があり、その手前に2つのコーンが置いてありました。

  
コーンの手前のタイルが割れて沈下していて、


コーンの下には、陥没して割れて崩壊したタイルがあり、もう一つのコーンの下にも、


同じ陥没が見られ、タイルが割れています。とても危険です。


道路の向こう側に渡って、このコーンを見たところです。手前2つの植え込みの木が、朽ちてなくなっています。

  

  
この広場のところどころで、タイルのひび割れや陥没が見られます。


広場へ行ってみると、

  
石のタイルに、ところどころ水たまりの形で薄くへこんでいる箇所が見られ、

  
LED化した雨水が、この石のタイルを侵食している様子が見られます。

  
そこに雨水が残り、さらに侵食が進んでいきます。


広場から、先ほどの道路に戻り、外堀通りへ下りてきます。ここでも、植え込みの木がなくなっています。


前方に、また沈下している箇所があり、


歩道脇のタイルのコンクリートに段差ができています。


沈下した場所に、新たに歩道のアスファルトがかぶせられていますが、かなりの沈下が生じています。






その先にも、2箇所、木がなくなっている植え込みがあります。LED化により、木は次々に朽ちていき、変質した雨水により、土壌は脆く地盤が崩壊しています。

    
雨の日、陥没した場所に水たまりができていて、3日後、ここでも、前日は一日晴天だったにも関わらず、まだ同じ場所に雨水が残っています。


上のレストラン前の広場でも、


地面が沈下している箇所があり、


タイルは波打ち、


段差もできています。

  
階段の脇のコンクリートには、亀裂が生じていて、

  

  
階段中程では、上から下に大きなひび割れがあります。

  
LED化した雨水によりコンクリートに亀裂ができ、中の鉄筋が錆びて、錆び色の雨水が流れ出しています。コンクリートが急速に崩壊していきます。


前方に見えるエスカレーターの向こうの階段の壁でも、


一面に亀裂が生じていて、








その亀裂は、壁の立ち上がり部分にも生じはじめていて、どんどん大きくなっています。


雨水が、あらゆるものを崩壊させはじめています。


広場の向こう側に、文部科学省の建物が見えます。


近づいて見ると、コンクリートの壁部分では、


ところどころ錆色のにじみが生じていて、


コンクリート内部の鉄筋の錆が、表面に出てきているのではないかと思われます。

  
補修した周りが黒ずんでいる様子をみると、雨水によりコンクリートが侵食され、補修されたものの、中の鉄筋の劣化は進行していて、錆がにじみでているものと思われます。補修しても、一度LED化した雨水により劣化が始まれば、それはとどまることなく進行します。

  
ところどころ、このようにコンクリートが溶け始めている箇所がみられます。


建物の脇にある、新しい地下鉄の出入り口では、


コンクリートの壁の下部に、たくさんのひび割れが生じていて、




ここでも、急速に建物の劣化が進行しています。

  
見上げると、建物の外壁のレンガの補修作業が行われていて、一つ一つのブロックを金属の棒で叩いて確認していました。


外壁全体に、たくさんの番号の書かれたガムテープが貼られ、目地が補修されています。


このレンガの目地に亀裂が生じ、レンガの浮きが生じているため、補修しているそうです。建物の壁一面、ガムテープだらけです。雨水により目地のコンクリートが崩壊すれば、レンガが外れ落下する可能性もあり、大変危険です。






LEDにより一度劣化がはじまったコンクリートは、補修してもその内部で崩壊は進んでいきます。ここでも、とても恐ろしい事実が進行しています。


文部科学省前の外堀通りの様子です。大きな水たまりが、道路中央にできていて、




激しく陥没しています。


陥没している箇所は、補修されたアスファルトのようですが、それがさらに大きく陥没していることになります。


地下鉄出入り口付近の道路でも、新しいアスファルトに激しい亀裂が見られ、




横断歩道は陥没し、


このような工事がされているようですが、この道路の陥没の状況を見ると、地盤はかなり危険な状態ではないかと思われます。

 
歩道も陥没し、


出入り口後ろ側の壁と地面の間には、


隙間が生じています。


沈下しています。






さらに、桜田通りに沿って歩道を歩いていくと、


また、木がなくなっている植え込みが、前方に2つ見えます。


道路は、ボロボロです。





歩道も、あちこちで陥没しています。



  





これは、かなり大きな陥没です。とても危険です。



  
この地下鉄出入り口付近でも、陥没が見られ、




そのそばでも、歩道がうねり、沈下しています。


この隙間から、さらにLED化した雨水が土中に染み込み、土壌の崩壊が進行していきます。
街のライフラインは地中化されているようですが、これほどの沈下、陥没が発生している土壌で、それへの影響も測りしれません。建物が傾き始める前に、LEDを外さなくては、取り返しのつかない現実を招くことになります。(2017年9月3日)
中央官庁周辺 1  ・  2  へ

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク