(LEDの影響) 駅前広場の風景 2 

駅前広場の風景 1 の4ヶ月後です。
   
駅前通りのあちこちで、枯れ木に季節はずれの花を咲かせているツツジが見られます。(12月10日撮影)

  
さらに、まとまって花を咲かせている植え込みもありました。ここは、LED街路灯に加えて、LED照明のライトアップやガーデンライトがある場所です。

  
花の色だか、葉の色だか区別がつかないくらい、真っ赤です。異常な風景です。


通りには、LED街路灯とヤマボウシの木々が並びます。

  
紅葉した葉と一緒に花を咲かせている木々が、何本かありました。

 

  
本来、ヤマボウシの花が咲く時期は、5〜7月です。新芽も出ています。

  
イルミネーションされた植え込みでは、アジサイも咲いていました。

  
オウゴンシモツケは、もうほとんど葉が落ちて枯れています。ツツジも、いたるところでカラカラに乾燥して枯れています。


なんの木でしょうか。皮がめくれて、ボロボロの木も見られました。たった半年ほどの期間で、さらに生命力を弱らせ、一気に異常な姿を見せる植物の様子があります。。(2016年12月10日)

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク