(LEDの影響) 橋の劣化 

 
二子玉川駅付近の多摩川に架かる橋の様子です。奥に見えるのが東急田園都市線 多摩川橋梁、手前が二子橋です。(2017年6月12・14日撮影)

  
鉄道橋のコンクリートの橋脚を見ると、どれも雨水(LED光の影響を受けた水)が流れた跡が赤茶色に変色していて、

  
何箇所もコンクリートが崩れている様子が観察されます。

  
鉄骨部分でも、雨水が流れた跡がオレンジ色になり、鉄を急速に劣化させています。

・・・・・・


鉄道橋と並行する二子橋の様子です。橋の脇のパイプの、雨水が流れた跡が赤茶色になって激しく錆びています。

   


橋の下から鋼板の部分を見上げると、

  
継ぎ目に沿って雨水(LED水)が流れた跡が、どこもここも錆びている様子が見られます。鉄骨も部分的にボロボロになっています。

  




道路を走る車のLED光の影響で、変質した雨水が、鉄骨や鋼板を急速に劣化させています。

・・・・・・


二子橋と少し離れて並行している、新二子橋の様子です。



  
ここでも、多くの橋脚に亀裂が見られます。





  


  




  
亀裂だけでなく、侵食されて鉄骨がむき出しになっている部分も、あちこちに見られます。

   
補修した跡や亀裂、

  
雨水(LED水)により、ここでもあちこちでコンクリートが侵食されています。

  

  


  





  





この写真は、雨水(LED水)が流れて、段差の場所で溜まった部分が崩れてきている様子です。


亀裂に印が付けられている場所も、多く見られます。

  

  
上を見上げると、やはりあちこちに印が付けられていました。LEDの影響により、水が変質して、あらゆる場所を崩壊させ始めています。このまま急速に劣化が進めば、大変な事態を招く危険があります。一刻も早く、LEDが及ぼしている恐ろしい事実を認識する必要があります。(2017年6月19日)

 全国のLEDの影響    LEDについてのリンク