(LEDの影響) ハト   


水道橋駅前の大きな交差点脇の小さな広場で、ハトがたくさん日向ぼっこをしていました。(1月10日撮影)

   
十数羽のハトの中に、黒いハトが何羽もいることに気がつきました。

   
さらによく見ると、足がおかしくて片足で休んでいるハトが何羽もいます。このハトは、指が欠けて、足の皮膚も黒ずんでいます。

  
このハトも、両足の指が欠けています。

  
二羽のハトが並んで、片足で休んでいました。左のハトは、指が曲がり、爪が上を向いています。

  
右のハトが歩いた姿です。片方の足の指が腫れあがり固まってしまっています。

  
痛いのでしょう。休んでいる時はずっと片足です。その場所で、たまたま十数羽いたハトのうち、写真が撮れただけでも、これほど多くのハトが異常な姿を見せていました。このハトたちがいた場所は、交通量が多い大きな道路に囲まれていて、そばでは東京ドームシティーの大規模なイルミネーションも行われています。なぜ、ここまでハトが病んでしまうのでしょうか。LEDの影響により、動植物たちがかつてない程の傷を負っています。(2017年1月10日)

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク