(LEDの影響) 日比谷公園 2 

  
日比谷公園の池の周りの木々の様子です。どの木も、幹が割れ著しく弱っています。周りの土は、ビッシリとコケで覆われ、ジメジメしています。それは、木々へも影響を及ぼしているようです。(2016年12月16・30・31日撮影)

  
何本もあった桜の木も、幹はコケで覆われて弱っています。カワセミが、そのコケを突っついて何かを食べていました。

  

  

  
カツラの大木も、枝を不自然に剪定されていて、幹はボロボロになっていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
公園の中で、道路沿い(日比谷通り)に植えられている木々の様子です。

  
驚く程、たくさんの切り株が見られます。

  
ずっと上までビッシリとコケで覆われた木、どう吹きしているクスノキも、多く見られます。

  
道路に面したところにあったスズカケの木は、緑の若葉が見られ

  
幹も枝も、ボロボロです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
公園の地下駐車場の出入り口近くの様子です。激しくコブができて、弱った木が目に入りました。

  
ぐにゃりと曲がったマテバシイの木のそばには、たくさんの切り株が見られます。

  

  
駐車場の出入り口の周りのマテバシイの木の幹は、コケや白いカビのようなものがつき、地面はビッシリとコケで覆われていて、歩くとジメジメとして湿っています。

  
近くのマテバシイの木々は、どの木も幹や根元から直接枝が出て、弱っています。

  
この駐車場周りだけでなく、公園の多くの場所で、土がコケで覆われジメジメした様子が見られます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
広場の木々です。ケヤキの木は、プレートまで黄色いコケで覆われています。

  
イベントが行われる広場周辺の木々の幹に、黄色や薄緑色のコケがついている様子が見られました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
梅林の様子です。全ての木が、ボロボロです。

  

  
そこにあったほとんどの木が、幹が割れ、枝が折れ、中から腐っています。

  
地面を見ると、やはりビッシリとコケで覆われて、じめっとしています。スズメがたくさん、地面を突っついて何かを食べていました。

  
そして、何本かの木で、まだ12月にもかかわらず、季節はずれの梅の花が咲いていました。木がおかしくなっています。朽ちる前に、精一杯の力を出して、花を咲かせているのでしょうか。あまりにも痛々しい風景です。公園を歩いて見ると、驚く程に多くの木々が弱っていることに気がつきます。LEDの影響により、その場所にコケが異常に増える風景も、あちこちの場所で見られます。生命の健全なサイクルが狂わされ土壌がおかしくなり、この公園でも、ずっと長い間健気に生きてきた木々が、次々に生命力を失っています。(2017年1月4日)

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク