(LEDの影響) 市ヶ谷駅 


JR中央線・総武線の市ヶ谷駅です。ホームの照明はLEDです。(2017年6月23日撮影)


ホームの天井を見上げると、金属部分が著しく錆びていて、

  

  
ホーム上の線路を跨ぐ橋の橋脚部分は、一部コンクリートが崩れ、鉄筋が露出しています。



  

  

  


LEDによって変質した雨水によって、コンクリートがあちこちでボロボロになっています。

  


  
雨水が流れた後が、溶けて崩れてきている様子も見られます。

  
天井部分の劣化も激しいようです。


線路上を横切る道路を見上げると、




ここでも、鉄はサビ、コンクリートには亀裂が生じて崩れ出している様子が見られます。

 

  
上の写真の部分を、上に上がって道路から見てみると、



      
大きな亀裂ができていました。とても危険な状態です。

    




ありえないほど、コンクリートが劣化しています。

   
ここでも、、、

   

   
手すりの下のコンクリートは、黄色いコケが見られます。

    

・・・・・・

  
地下横断歩道・地下鉄入口では、

  
支柱のサビが、やはりとても激しい様子が見られます。







LED光は、雨水を変質させ、コンクリートや鉄の劣化を急激に促進させていくものです。
このままでは、大変な事態を引き寄せる可能性があります。(2017年6月23日)

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク