(LEDの影響) イチジクの木 


交通量が多い道路沿いの、生垣の内側に、イチジクの木が植わっていました。(9月13日撮影)

・・・2週間後・・・
  
そこにある多くの木の葉が、黄色く茶色の斑になり、枯れはじめています。

  
まだ色づいてない実が見られますが、葉は日に日に落ちてしまっているようです。

 
紅葉というよりおかしな枯れ方で、このままでは早くに、多くの葉が落ちてしまいそうです。これから実が熟していく時で、落葉の時期にはまだ早すぎます。(9月27日)


1週間後、上の写真と同じ実は、大きくならないまま腐りはじめていました。(10月4日撮影)

・・・さらにおよそ1ヶ月後・・・
 
葉がほとんど落ちて、青い実だけが残っている木が何本も見られます。(10月30日撮影)

   

 
葉がないので、実は大きく成長できず、不自然に腐っていく様子が見られます。道路沿いの生垣に近い木の、車のLEDライトを浴びる木の上の方の葉から枯れはじめ、その影響が畑全体の木に広がっていく様子が観察されます。とても不自然な光景です。(2016年10月30日)

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク