(LEDの影響) 川沿いの風景 

  
玉川上水から分かれた、千川上水という川に沿って歩いて見た風景です。川沿いには、細いわりに車の交通量が多い道路があり、畑もたくさんありますが、宅地開発されて大きなマンションや新しい家も並びます。(2016年12月15日撮影)

    
驚くほど、川沿いの木々が弱っています。この地域は、街灯は従来のもので、LEDではありません。車のヘッドライトの影響だけではなく、流れている水や土壌が変質している影響も大きいと思われます。

  

  

  

  
桜の木も多くありましたが、どの木もボロボロです。

  

  
幹の中が空洞になってしまった木が多く、どう吹きしている木もたくさん見られます。

  
ここでも、ツツジがあちこちで花を咲かせています。

  

  
 幹に、薄緑や黄色のコケをつけた木も多くあります。

  
さらに、川沿いのコンクリートに、あちこち黄色い苔がついています。

  
水際の石には、ペンキを塗ったような薄緑色のコケと、

  
オレンジ色のコケが、びっしりとついていました。今まで見たことのない風景です。川には、鯉の姿も見られます。LED照明に照らされた水は影響を受けて性質を変え、土壌を変え、ここにある水際の動植物へもその影響が、さらに大きく及んでいると思われます。(2016年12月15日)

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク