(LEDの影響) 畑のキャベツ 

  
道路に面したキャベツ畑です。角にあるため、車(バイク、自転車)のライトを正面から浴びています。(11月18日撮影)

 
収穫間近ですが、よく見ると、腐りはじめているキャベツが見られます。

  
道路から見えただけでも、いくつも同じような状態のものがありました。

  
さらには、T字路の正面に植えられているキャベツは、いくつも刈り取られていました。

  
おそらく、同じように腐ってしまったものだと思われます。一番道路に近いキャベツが取り除かれていました。

・・・さらに5日後・・・
  
広い畑を、5日前に撮影した場所の反対側から撮影したところです。収穫されたのか、刈り取られた跡が畑中の所々に見られます。こちら側も道路沿いです。(2016年11月23日撮影)

  
そして、やはり腐ったキャベツがいくつも見られます。

  

  
さらに、畑中に裂球したキャベツがたくさん見られます。  

   
裂球する原因は、子孫を残すために植物が花を咲かせようと、葉の中心にある成長点がドンドン伸びて茎になるトウダチという生理現象によって、キャベツの外側の葉が割れていくことがあるそうです。畑全体のかなりのキャベツが、腐ったり割れてしまう状態は、普通ではありません。車のヘッドライト等のLED光の影響により、畑の土壌全体がおかしくなり、キャベツの生育に異常が起きていると思われます。(2016年11月23日)

 全国のLEDの影響    LEDについてのリンク