LEDについての体験


今、私たちの日常生活の至るところで使用されているLEDですが、自分の経験を通して知ったその危うさについて、感じていることをまとめてみました。


・ そういえば、、、と思い返してみると、5年ほど前にPCを買い換えた頃から一気に視力が落ちて、目の疲れや首や肩のコリがひどくなりました。半年ほど前に、モニターを見ている時に目の奥にチクッと痛みが走るようになり、PCのモニターを中古のCCFL蛍光灯の以前のものに替えてからは(使用していたノートパソコンに繋げて使用しています)、それらの症状がなくなり、楽にモニターを見ることができるようになりました。身近で、新しくTVを買い換えてから、理由のわからない頭痛や肩こり、目の奥の痛みがひどくなり、TVを見ることができなくなり、あちこちの病院で検査をしてもらった、、、という話を聞いたり、また中古のCCFL蛍光灯のTVに戻したらそれらの症状がなくなった、、、という人の話も聞いたことがあります。LEDの光は、従来の光とは違って角膜や水晶体を透過してしまう、、、という事実を知ると、それらの理由もわかるように思います。


・ 3年ほど前から、足の皮膚の乾燥がとてもひどくなり、何をしても改善しなかったのですが、今年になってから、PCに向かっている時、PCが置いてある机の下に置いてあったルーター(接続機器)が時々ピカピカ光っていて、その光をいつも足に浴びていたことに気がつきました。それにカバー(アルミホイル)をかけて光を遮るようにしてみたところ、それから徐々に皮膚の乾燥が改善してきました。また、知り合いの方で、業者に勧められてお店の照明をLEDに替えてから急に肌荒れがひどくなり、乾燥がひどく、化粧水をバシャバシャつけてもいっこうに改善しなくて、、、と話をしてくれて、自分の体験と重なり、LEDの光が肌の老化を促進するのは間違いないのではないかと思います。


・ 新しくできた商業施設やお店などに入ってしばらくすると、ゾワゾワしてきたり、首や肩が凝ってきたり、頭がぼーっとしてきたりすることがあって、ここに来ると何か変な感じになるな、、、とは思っていても、その原因がLED照明とは気が付けませんでした。そのため、LEDのお店で買い物をし続けていたし、その場所に長い時間いることもあって、そういえば、2年ほど前くらいから顔のシミや白髪が一気に増えて、頭皮も常に乾燥状態でした。お化粧をやめてみたり、シャンプーや石鹸をやめてみたりいろいろしてみましたが、今年に入ってそれがLEDの影響かもしれないと気がついてから、極力LEDから距離を置いた生活をしていたところ、顔のシミの増え方は収まってきて、髪も頭皮も健康な状態に戻りました。
LEDの光に当たった食品を食べ続けていたことも大きく影響があったようで、そういえば腸の調子が常に悪く、夜になるとお腹がパンパンに張ってくる毎日でしたが、それも今は改善してきました。LED照明のお店に入ると、喉の奥が腫れてきたり頭がぼーっとしてきたり反応できるようになってきたので、可能な限りそこに長居せずすぐ離れるようになりました。


・LEDの影響に気が付く前まで、よく買い物をしていたLED照明のオーガニックのお店の店長さんに、豆乳ヨーグルトの作り方を教えたことがありました。その時は、果物にてんさい糖を混ぜて発酵させ、その発酵液を豆乳に混ぜる方法だったのですが、「お店で売れ残ったパイナップルとかりんごとか、いろいろ試してみたけれど、何度やっても一向に(果物が)発酵しない。。。なんでだろう?」と言われ、私もその時はとても不思議でした。私自身は、そのお店の果物を買って発酵させてみたことがなかったのですが、後になって、そのやり取りを思い出し、そうだったのか!と気がつきました。LED照明は、微生物の働きを破壊する性質を持つようです。


・ キャベツの観察では、LEDの光に当たっていたキャベツの方が枯れてきてしまいましたが、最後完全に枯れてしまった時、芯の部分の中がドロドロに溶けていました。LEDの光は、最終的には、細胞組織を破壊し溶かしてしまう力があるのでは、、、と感じました。


・ イチゴの観察をしていた時に、スーパーの青果担当の方とLEDの影響について話す機会があり、「入荷した際に、苺のすべてのパックに汁が溜まっていて、そのコンテナごと破棄しなくてはならないことが時々ある。集荷場所から出荷したときは大丈夫だったはずだから、それからの短い時間になぜここまで痛む苺とそうでない苺があるのか、ずっと不思議だった。」「よく苺ジャムを作るのだけど、時々、鍋の中でドロドロに溶けてしまう苺があって、ジャムにならず、味も酸っぱくて美味しくないので、その時は捨てざるをえない。」と話してくれました。別のお店でも、同じように入荷した時にすでに溶けている苺が多いという話を聞き、(この時期の苺は、もともと崩れやすい)(温度変化のせいだ)ということでしたが、観察をしてみて、その理由がわかりました。ほんのわずかでもLEDの光を浴びてしまうと、時間差で溶けてきてしまう苺の様子から、LEDの影響力が私たちの想像以上のものだと感じます。


・ キャベツやジャガイモやイチゴの観察を通して、私の想像以上に、LEDの光を浴びると瞬間的に影響を受けて、それが時間差でじわじわと現れてくる様子がわかってきました。LEDの光の影響は、とてもわかりにくく見えにくいですが、可能な限りそれから距離をおくことで、感覚的に違和感を感じられるようになり、少しずつわからなかったことが見えてくるように思います。この事実を、たくさんの心ある人たちに知っていただきたいです。(2016.6.18)




トップへ