毎日の食事



岩塩のこと

 家族の毎日の食事は、全粒穀物を中心に、くだものや新鮮な生野菜を欠かさず食べられるように用意しています。(しかしながら、LED照明とLEDの影響による雨水と土の異変により、日常の買い物の風景で、腐りやすくなっていたり、あきらかに元気がないくだものや野菜をお店で目にしたり手にするようになってきています。)
 そして、台所には、電子レンジ(IH製品)はなくて、シンプルなトースターやIHでない炊飯器などが並んでいます。電子レンジで食べ物を温めると、美味しくないだけでなく、(その温めた食べ物の中に)身体の中で分解できない異物が発生し、それがそのまま排出されずに蓄積していく、という事実も知りました。生命力を破壊する電子レンジの使用をやめて、動物性食品を極力控え、全粒穀物食を摂るようになったことで、明らかに身体が健全になってきました。(IHは、電子レンジの扉を開けて使用しているのと同じ状態、と理解しています。)
 また、無有日記に触れている中で、石灰石と岩塩に含まれている成分が、全粒穀物と同じく、人間の健康的な心身にとってとても重要で欠かすことのできないものであることを、体験を通して知りました。石灰石を手軽に摂ることができるコンニャクと、身体の重たさや気力の低下、様々な病気に繋がる海塩の代わりに、日常の料理には岩塩を使うことで、身体細胞が元気になってきて、要らないものがどんどん排出されると同時に、気持ちも身体も以前経験したことがないような軽さが普通になってきています。

・・・ 玄米 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

玄米に抵抗がある方は、7分つきや玄米餅などから少しずつ慣れていかれるとよいかと思います。家族のおやつに、玄米のきなこもちなどは、おすすめです。

(玄米の簡単な炊き方)
・お米を研いで、水に浸けておく。(浸ける時間は、適当でも美味しく炊けます。)
・普通の炊飯器(IHでないもの)の白米コースで、白米より水分を多めにして(3合の場合は、白米の3、5合の水位に合わせる感じです)、セットして炊く。(炊飯器によって、微調整されてみてください)

(余ったご飯の簡単な温め方)
・ご飯が余った時は、タッパーなどに入れて、冷蔵庫で保存しています。温める時は、炊飯ジャーを保温にして、そこに冷えたご飯を入れておけば、30分ほどでホカホカのご飯に戻ります。(冷凍したご飯でも、もう少し時間がかかりますが、この方法で大丈夫です)
・急ぎの時は、蒸し器で蒸したり、トースターのトレーにご飯をほぐして広げて、5分ほどで温まります。
・余ったご飯はピラフにすれば、更においしくいただけます。刻んだニンニクと玉ねぎ、人参、インゲン、油揚げ、ちりめんじゃこやエビなどと、岩塩にこしょうだけで炒めたピラフはよく作ります。(カレー粉を加えたカレーピラフもおすすめです)

*岩塩は、素材の味を引き立ててくれるので、ピラフだけでなく、野菜スープやサラダなどでも、それだけの味付けで十分美味しいです。

よく作るレシピ(玄米の混ぜずし)
・炊いたごはんに、すし酢(酢100cc、てんさい糖大2、岩塩小2)を適宜入れて混ぜ、すし飯にします。
・塩味のついていない鮭の切り身を焼いてほぐしたものに、岩塩を少々かけたものと、トースターでパリパリに焼いた油揚げとみょうがのみじん切り、彩に小口ネギを少々入れて混ぜ合わせます。
・仕上げに刻み海苔をのせます。
(干し魚や塩シャケなど、塩分が強いものは控えるようになりました)

余ったら、翌日はサラダに混ぜて、ライスサラダで食べると(ご飯は温めるのがおすすめ)また美味しいです。



・・・ 全粒粉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全粒粉パスタは、手軽に始められておすすめです。私は、いつも袋に書いてある表示時間よりも多めに(15分くらい)茹でていただいています。全粒粉のパスタは、ニンニクと岩塩、コショウの味付けだけでも十分美味しいです。

よく作るレシピ(大豆トマトソースのパスタ)6人分
・茹でた大豆(1カップ)を粗く潰します。
・みじん切りの玉ねぎ(1個)とニンニクを鍋で炒めて、そこに潰した大豆を入れて、更に炒めます。
・刻んだトマト2個を入れて柔らかくなるまで炒めて、トマトピューレ(1瓶)を入れて混ぜます。
・てんさい糖大1〜2(てんさいオリゴ糖でも)、岩塩、コショウで味付けします。
・茹でた全粒粉パスタとあえて、できあがり。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家族のおやつは、全粒粉で、クッキーやパンケーキをよく作ります。

よく作るレシピ(粒あん入りパンケーキ)3〜4人分
・全粒粉 150g / てんさい糖 50g / 粒あん 50〜80g / 豆乳 150cc / ベーキングパウダー(アルミフリーのもの)
・ボールに材料を入れて混ぜ、テフロンのフライパンに小分けに流し、蓋をして、両面焼いてできあがり。


よく作るレシピ(全粒粉クッキー)
・全粒粉 200g / てんさい糖 60g / ベーキングパウダー(アルミフリー) 大1 / 豆乳 大4 / オイル(ココナッツオイルやグレープシードオイルがオススメ) 大4 / 岩塩ひとつまみ
・ボールに材料を入れて混ぜ、小分けして天板に並べ、170℃のオーブンやトースターで24〜25分焼いて出来上がり。(焼けたら、天板ごと取り出し、そこに並べたまま冷ますと、程よく水分が抜けてサクサクになります。)
*この生地に、レモン汁を絞って入れたり、ナッツやレーズンなどを入れたりすると、また美味しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全粒粉で簡単なパンも作りますが、生地をフライパンで焼いたり、ピザ生地にすると、手軽に作れます。休日などに、よく作ります。

よく作るレシピ(全粒粉のピザ)3人分
・ボールに、全粒粉150g、てんさい糖大3、ぬるま湯180ccを入れて混ぜます。
・そこに、顆粒の天然酵母小1を入れて、混ぜます。
・さらに、全粒粉150g、岩塩小1を入れて混ぜ、ボールの中で少々こねて、まとまったらそのままボールに平らなお皿をかぶぜて放置しておきます。(ビニール袋に入れて余裕を持たせて結び、そのまま冷蔵庫に入れて置けば、ゆっくり発酵して3〜4日は持ちますので、時間がある時に生地だけ作っておくこともできます)
・3時間くらい経てば、膨らんで発酵しているので(室温が低くてあまり膨らまなくても、大丈夫です)、ボールから取り出し、ガス抜きして3等分し、棒で丸く薄くのばします。
・のばした生地に、岩塩で味付けしたトマトピューレを薄く塗り、スライスした玉ねぎ、ツナ、プチトマトなどをてきとうに散らして、豆乳マヨネーズをかけて、オーブンやトースターの270℃で5分焼けばできあがり。(子供は、少々チーズを散らしています)

上で発酵させた生地を、手で薄く押し広げ、テフロンのフライパンで両面に薄く焦げ目がつくくらい焼けば、手軽に美味しいパン(ナン)ができます。



トップへ