(LEDの影響) ミカンの木 

      
大きな道路沿いで、LED街路灯が並ぶ場所に、ミカン畑がありました。(9月10日撮影)

  
隣接した駐車場に一番近いミカンの木が、今にも倒れそうです。ほとんどがまだ青い実の中で、茶色く変色し始めている実があります。

  
その横の木々も、何本もの枝が横に倒れて、実が地面についてしまっています。

  
変色しはじめている実や、一部茶色くなった黄色い実、ところどころ変形した葉も見られます。この時期に、あきらかに元気がないミカンの木の様子が伺えます。(9月10日)

・・・(1ヶ月後)・・・
 
実が熟しはじめていましたが、いくつもの実が腐って落ちています。(10月11日撮影)

 

 

 
茶色く変色したり、腐りはじめている実がいくつも見られます。

 
さらには、木々のいたるところに、クモの巣がかかっています。

・・・(1ヶ月半後)・・・
 
さらに多くのミカンが、傷んで落ちていました。(10月23日撮影)

 

     
LEDの光の影響により、木々が元気をなくし、実に影響が及んでいます。とても不自然な風景です。(2016年10月23日)     「実ができないミカンの木」へ

 全国のLEDの影響    LEDについてのリンク