日記
                                                 

過去の日記1     

2月17日
 今日は、電車で隣に座ってきた人が、いつの間にか眠りこけていて(ほんの僅かな時間の間に)、ちらりと見ると、手元のスマホの画面はゲームの途中で、その画面に指を触れたままです。で、こちらが気が付くと、はっと起きてまたスマホに向かうのですが、またすぐに眠りこけてしまっていました。この頃は、こんな状態の人を、隣や目の前で見かけることが増えてきました。これから、もっと増えてくるのかな。




2月17日
 いつからか、寝ている時に、繰り返し安心に包まれるというか、包み込むというか、自分なりに分かるその感覚を確認するようにして、安心というか希望が広がっていくような気持が、元気になる感覚があります。寝ている最中に、ふと意識できるようで、抽象的な夢のようにも感じ、今朝、それをはっきりと自覚できたように感じます。ここ2~3日前に、連日、具体的な夢(覚えていないけれど)を見て、それと連動するようにして、日中の思考も忙しくなるように感じていたので、だから尚更、今朝は、とてもその感覚を大切に感じているように想います。
 何か楽しい気持ちも、余裕も、ここに繋がっているように思います。何でも、いつも、この気持ちから広がっていく。どんな状況でも、いつも思考を自由に、普通に、ふと感じる繊細な感覚の中に居たい。




2月13日
 ・ とても2月とは思えない、春のようなポカポカな一日。高架を走る電車の窓から、北側のどの建物の壁面も、キラキラと太陽の光を反射して輝いていて、なぜかとても懐かしい気持ちになる。この頃、よく感じるこの感覚は、なんだろうなあ。


 ・ (私の場合)足やお腹に、無駄な脂肪がたくさんついているからそう思うのか、ふと、脂肪も静電気まみれなのだなあと。何となく、その場所が真っ先に反応しだしたような気がします。今まで出てこなかった痛みも出てくるけれど、これから先は、とても楽しみ。




2月7日
 特に何か、という事もなく、何かあってもその時々で淡々と過ぎていくけれど、ここ2~3日は、それがちょっと波のようなうねりのような感じだったような気がして、それも、昨日の夕方ごろにふと何かがまた変わって、柔らかく軽くなっているように思います。
 何だかチョコレートが食べたくなって、作りたくなって、出先で思い立ちカカオマスを買って帰って、てんさいオリゴ糖と刻んだナッツと豆乳も少々入れて鍋で溶かして、オーブンシートに流してみたら、柔らか過ぎてなかなか固まらなかったので、さらにナッツを刻んで、チョコにまぶして丸めてみたら、とても美味しく出来ました。
 何か作るのは大好きなのに、お料理だけは、、、がいつの間にか無くなって、境が無くなって、ふと思いつくままそのタイミングで動ける楽しさは、ふつうになんかパワーがあって、これが次へ繋がって広がっていくんだなあ、と感じます。




2月7日
 この頃、さっきまでのうれしい気持ちが、すーっと何かに覆われるような、そこに何かが入ってくるような、その瞬間の微妙な感覚に、違和感を感じられるようになっている気がします。あるお店に入った時とか、誰かや何かに意識を向けた時とか、それはその時々でいろいろなのですが、今まで分かりにくかったそれが分かってくることで、そこから離れやすくなっているようにも感じます。




2月3日
 周りはどうであれ、今まで付き合ってきたことに、気持ちが付き合わなくなって、その気持ちは、ただ健康で、なんか楽しくいることに向いている。今まで通用していたパターンが、通用しないから、だんだんと焦りや不安が表に出てきて、動きや態度からも伝わってくるけれど、でも気持ちは引っ張られない。だって、なんかハッピーな気持ちでいることは、普通のことだし、ただその普通をもっともっと強くしたいだけだし。
 今まで付き合ってきた、知識や情報、権力、地位、財、、、の世界の中身が、今はよく観えて、だから、そこにある怯えや怖れから離れたところに居る。何より強くて、自然で、何ともぶつからない、誰もジャマできない、その想いを普通に大きくしていく。
 と、ノートに書いて、カフェを出て雑踏の中を歩いていたら、今まで経験がないような、とても力強い気持ちで満たされて、だんだんとだんだんと、内側で何かが元気になってきている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1月31日
 ここ数日は特に、無有日記を読む度に痛みが一気に出てきたり、朝起きると節々が痛かったりと、今までになく深くから調整されている感覚がハッキリとあります。そういう時は、思考もあるパターンで動き出しますが、そこからふっと離れたところに行けるようにもなってきています。それと同時に、日中や夜早くに、眠くてたまらない、、、というのが無くなってきていることにも気が付きます。
 どんなになってもいつも、考えなければ何もない、ところに戻って、何かうれしい気持ちが、ふっと戻ってきます。




1月29日
 いろんな発想が湧いてきて、うれしい気持ちが溢れて、希望が膨らんでくるそのままでいられる時は、考えることはたぶんハチャメチャで、ふつうに考えればそんなことはあり得ない、と言われそうなことばかりで、でもワクワクしてくるからとてもパワーがあって、重たい不穏なものを弾き飛ばしているように感じます。
 でも、何かの隙をついて、この世の中の常識とされる思考が動き出すと、そのうれしい気持ちが弱まって、自分の感覚に自信が持てなくなって、そうすると、内外の重たいものが力を持って、痛みも不調も力を持とうとするように思います。大阪ワークがあった翌日に、そんな経験をして、ただ今までとは違って早々に回復して、頭の中の静電気は少しずつ無くなってきているのだろうなと感じます。
 わけもなく嬉しいのが本来の普通だから、普通はふつうのまま、そのまま当たり前の感覚としていたい。今日の、ものすごく力強い太陽の光に包まれて、長そでシャツを腕まくりしても暑い1月なんて、なんて素敵だろうか。




1月25日
 週末の都心の人混みの中を、すり抜けるようにして足早に歩いていて、そういえば足が軽いし、身体のどこも痛くならないな、、、と、ふと気が付きます。帰宅しても、今までのようにぐったりと疲れる感じがなくて、少し休めばすぐ普通に回復します。ほんとうに、元気になっている。周りでは、変に意識を引っ張ろうとする動きもあるけれど、もう付き合わなくてもいいなあと感じていると、何事もなく過ぎていく。引き受けなくてもいい時が、始まっているのだろうか。これからだなあ。




1月22日
 この頃、ふとした瞬間に、嬉しすぎるというか幸せすぎてたまらなくてお腹が空いてくるような、そんな感覚が溢れてくることがあります。小さな子供そのままの、何にも囚われない何にもないところから出てくる感覚というか。もし、これがいつもの普通になったら、どんな人になってしまうのだろうか、、、と想うと、希望が膨らんで楽しいです。この人生で、本来の意思そのままを生きたい、という気持ちが、沸々と元気になってきます。




1月21日
 カレー粉とショウガとニンニク、玉ねぎetc.の野菜と、ブラック岩塩を入れて作るスープカレーは、少し小麦粉でとろみをつければ、全粒粉のパスタとも合うし、豆乳でもっと薄めて玄米餅や玄米ご飯を入れてリゾットにしても美味しい。毎日のお料理が、気が付けばとっても気楽になっていてうれしいです。お料理だけでなくて、ファッションでも何でも、そこに健康やハッピー感が普通にあって、自然に次へ繋がって広がっていく感覚って、ほんとうに楽だな。




1月18日
 思考で上手くコントロールできなくなってしまうということなのか、身体的にきつくなった時に、人間とは思えないような、その本性そのままの姿が出てきてしまう状況を、このところ、縁ある風景で何度か経験しているのですが、その間隔が、だんだんと短くなってきているように感じます。いろいろなことが否応なく顕わになっていく大きな流れの中に居て、ふと目の前に訪れる風景を観て、そして何事もなかったように次へ流れていきます。




1月16日
 そういえば、どこへ行っても、階段をトントントンと普通に軽く上っていることにしばらく前に気が付いて、本当に体が軽いな~と実感します。いつも怠くて、重たかった今までを想うと、何がどうなったのかさっぱり分からなくても、この今が希望に溢れています。クローゼットには、色とりどりのTシャツとGパンがいつの間にかたくさん増えてきて、気持ちはどんどん軽くなる。何にも考えないで、ハッピーでいる。それだけ。




1月14日
 免許の更新手続きで、ちょっとドキドキしながら視力検査を受けたら、ギリギリセーフな感じだった前回の検査の時より、明らかに余裕で見えてすんなりOKで、ほんとに?と驚きました。細胞が、元気になってきているのだろうな、嬉しいな。なんだか流れがスムーズで、ジャマされない感覚はとても楽で、そうなると、更にジャマしようとする動きは、その本心が思わず表(言葉、行動)に出てきてしまうみたいで、それもまた、余裕で観察できるように感じます。




1月13日
 ふと、これからは、本当に楽しんでいいんだなあと。想像もできなかったけれど、素朴で優しい毎日を自由に生きられる時を迎えられるのかなあと想えて、信じられないような嬉しさがあります。昨日のワークを経て、何かがすーっと落ち着いて、ハッピー感が元気になって、その分、それを喜ばない人の焦りのような行動(形で、ご機嫌を取ろうとする感じ)が分かりやすく観られたり、見えないところではいろいろあるのかなと思いますが、淡々といくだけ。
 女性だから、いくつになっても女性らしく、きれい(それなりに)でいたいし、ファッションも楽しみたいし、何より健康で元気で自由でいたい。そんな気持ちが自然に膨らんできたのも、きっと、自分の中の本来が元気になってきたからなんじゃないかと想えて、楽しも~。




1月11日
 いつも通りで、ここに居るのだけど、気持ちがここに居ないというか、自分でもよく分からない感じがずっと続いていて、いつの間にか大きく距離ができてしまったもの、とても近くに感じられるもの。何も変わってないけれど、何かが大きく変わってしまっていて、そこに静かに居るような感じがします。必要性という大きな流れの中で、その時その時、自分の心が喜ぶなんとなくに正直にいるだけで、あとは流れに任せていればいいんだな、と今、改めて想います。




1月8日
 メンズのジーンズは、私には似合わないと思い込んでいたけれど、1か月ほど前にたまたま入ったお店で、かっこいいジーンズが目に入って試着してみたら、意外にも似合っているように思えて、それから世界がまた広がって楽しくなってきました。男性も女性も、同じジーンズを履けるなんて、素敵だなあ。一つ一つ、いろんなことから自由になっていくな。




1月6日
 目が覚めて、臆せず胸を張って、ぐんっと何かが力強く回転するイメージを持つ。ずっとハッピーな空気感の中に居たいと想うふつうは、どんどん大きくなっていく。
 男性と女性、親と子、友と友。一緒に居て、何か楽しくて嬉しくて、思わずハグしたいような自然な気持ち。理屈じゃなく、思考じゃなく、大好きっていう当たり前の気持ち。本来を生きたいっていう想いは、どんどん強くなる。何にも考えないで、それだけでいく。
 久しぶりに行ったカフェで、顔見知りの店員さんに「薄着~!」って言われて、そういえばまだ、中綿入りのベスト止まりでジャンパーを着ていないなと気が付いたのだけど、その人も「私も、実はものすごい寒がりだったのだけど、今年はなんか寒く感じなくて、薄着でOKなんですよ。そういえば、玄米食べ始めて美味しくてー。アレルギーも良くなってきてて。。。」と嬉しそうに報告してくれて、え~って、なんかニコニコしてしまう。




1月3日
 2020年は淡々と始まって、思考を忙しくさせられることはあっても、すっとそこを離れて、特にどうという事もなく、今朝は、普通の人がふつうに元気でいるだけでOKだな、と何だか嬉しい気持ちで目が覚めました。そういえば、人混みの中に居ても、前のように身体のあちこちが痛くなることがなく、心身共に軽いなあと、昨日も今日も感じます。連日、元気な太陽と青い空。部屋の湿度もカラッとしていて、それだけでうれしい。






トップページへ