(LEDの影響) 街路樹の桜 2 

  
とても交通量の多い、大きな交差点近くの、桜並木の木々です。葉は、ほとんど枯れて落ちています。手前の桜の木の幹は、(2016年11月12日撮影)

  
木全体がびっしりとコケに覆われ、木肌はボロボロです。

  
そこから、桜並木を見たところです。どの木も、紅葉する前に、葉はほぼ落ちてしまっています。この通りは、交通量が多いだけでなく、街路灯も一部、LEDに切り替わっています。

  
反対側から同じ桜並木を見たところ(左) と、その道に直角に交わる桜並木(右)です。

  
ほとんど全ての木が、苔でびっしりと覆われています。葉は、ほとんど残っていません。

  


信号脇の桜の木も、葉が全部落ちています。

   
駐車場脇の桜の木も、葉がありません。

   
そして、ほとんどの木の幹が、激しく傷んでいます。

   

   
車(バイク、自転車)のヘッドライトだけでなく、街路灯までLEDに切り替わろうとしています。ずっとみんなに親しまれてきた桜の木々が、LEDの影響により生命力を失くしはじめています。(2016年11月20日)

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク