(LEDの影響) 立てないハト   

  
京浜東北線大森駅近くの「大森貝塚遺跡庭園」で、様子がおかしいハトを見かけました。写真左の木で、たくさんのハトが羽を休めているそばで、一羽のハトだけ地面にうずくまっています。(1月30日撮影)

  
場所を移動しながら、ずっと同じ様子で、立つことができません。

  
体の向きを変える瞬間の写真です。頭で支え、羽を羽ばたかせてなんとか体を持ち上げていました。

  


  
一瞬体を持ち上げたところで撮ることができた足の様子は、指がねじ曲がり、左足の外側の指先が欠け、右足は指を広げることもできないようです。

  
これでは、歩くことも、仲間たちと木の枝で休むこともできません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


同じ日、JR中央線に乗車中、中野駅に停車中に窓越しに見かけたハトの様子です。写真では分かりにくいですが、左のハトが、一瞬足を引きずるように歩きかけて、すぐまたうずくまった直後に撮ったものです。やはり、足がおかしくて体を支えることができず、立つことができない様子でした。同じ日に、全く別の場所で、今まで見たことのない状態のハトを見かけたことは、それだけLEDの影響が広く及んでいることを現しています。ハトたちの姿を受け止め、いずれ人間にも影響が現れてくる前に、一刻も早く、LED化の流れを止めなくてはならないと思います。(2017年1月31日)

全国のLEDの影響    LEDについてのリンク